私は出張が多いOLです。出張も多いのですが突然スケジュール変更になることもあります。さらには会社は経費に厳しくて、交通費のコストは必要最低限に抑えないといけません。
そのため会社からの勧めでJ-WESTカードを作り、エクスプレス予約で新幹線を使うようにしています。エクスプレス予約の良い点はPCやスマートフォンを使い、便だけでなく座席まで予約ができる点にあります。さらには便の変更に手数料がかかりませんし、ポイントが一定量貯まるとグリーン車に乗車できます。
ここでは、エクスプレス予約にまつわる割引について紹介します。

○単純にエクスプレス予約をするだけの場合
エクスプレス会員であるだけで、365日いつでも会員割引を受けることができます。その会員割引だけで新大阪~東京間、新大阪~博多間が1000円は安くなります。格安の金券ショップでその値に近い額で新幹線のチケットを売っている場合がありますが、チケットを買いに行ったり窓口に行く手間を考えると、エクスプレス予約をする方が労力がかからないためお得ではないでしょうか。

○早割商品(EX早割21)
乗車日21日までに予約を行うと受けることができる割引制度です。区間や時間帯は限られるのですが、例えば東京~新大阪間が3000円以上安くなります。ただし、予約変更時点から20日以内となる乗車日の便に変更する場合別の商品への変更となり、差額を支払う必要が出てきます。

○往復割引
往復行程を一括購入することでおトクになる往復割引商品で、片道の営業キロが601キロ以上ある区間で利用可能な割引制度です。例えば新大阪~博多間では3000円ほど安くなります。
購入後の予約の変更は、「往路の」列車発車時刻前まで何度でも手数料無料で行うことができます。

なお、早割と往復割引のどっちがお得かを比較すると、早割の方が割引率が高いようです。名古屋~博多で比較すると、早割の方が13000円で乗車でき、往復割引後の料金は15330円でした。

ただし年会費1080円かかるデメリットがあります。しかし私の出張頻度が2ヶ月に1回はあることと、帰省時にも新幹線を使うため、十分もとは取れていると思います。
いずれにいたしましても、乗車する予定が決まったら早めにエクスプレス予約を試みて、早割が使えそうならそれを適用し、往復割引の方がメリットがありそうであればそれを利用するのがコツではないでしょうか。