新幹線を利用して東京、大阪間を移動する際、料金を抑える方法として、一番手っ取り早い方法はひかり、こだまの自由席の購入です。自由席ですと指定席と比べるとおよそ1000円の値引きができます。ですが、これだと値引きとしてはものすごく魅力的な金額ではないですし、もっとオプションがあるほうがうれしいですよね。

オプションを含んだ上で新幹線を割引する方法は、ずばり、私の体験談からすると、宿泊セットをプラスして新幹線の席を購入する方法です。こちらは往復を考慮したセットパックで日本旅行のサイトページから予約することができ、宿泊施設と新幹線を選び割引を受けることができます。宿泊費と新幹線の席代を入れてものぞみの指定席と比較した場合だと、8500円はお得になります。もちろん、ホテルの施設を豪華にすると経費は掛かりますがそれでも39000円内に料金が納まりますし、食事もついてきますのでそこは自分の利用したいホテルとお財布事情と言うことになりますね。

それ以外の方法で格安で新幹線のチケットを手に入れるとなると、金券ショップのチケットで購入する方法がありますが、こちらの場合はめりともありますが、デメリットもあります。まず、メリットからいいますと、シーズンにより値引き額が変わります。スキーシーズンや旅行シーズンの際は新幹線のチケットは普通に購入する金額と大差がないのですが、シーズンから外れるとチケットの価格も安くなり、有効期限もチケットの回数券にはありますのでそういったものを考慮すると値段も安くなります。ですが、デメリットとしては、自分の行きたい方面のチケットが販売されているかはすべて、金券ショップ任せです。販売されることもあるかもしれませんし、販売されないかもしれません。まあ、東京 大阪 新幹線は割りと利用者が多いのでキャンセルなども多く近県も多くありますから購入はできると思いますけどね。こちらの場合は片道か日帰りをする場合は得をしますが宿泊を伴う往復の場合は損をしますので注意が必要です。後金券ショップの回数券は年末年始やゴールデンウィークとかお盆休みの前後などは利用できないので注意が必要ですね。

このように金券ショップで購入する場合は制約が多くあるのでお勧めとしては、エクスプレス予約でクレジットカード決済で座席を予約購入したほうがお得でしょう。こちらですと金券と同じくらいの割引額で席を購入できる上、違う場所から新幹線に乗るのであればこちらで予約したほうが断然お得ですからね。例えば行きは大阪から東京、帰りは東京から京都などのように違う区間を移動する場合だと金券ショップの回数券とは違い、新幹線の区間を変更することができるのでその区間分を安く移動できるわけですね。